グローバルな株取引をしてみたい!

日本株を主に売買しているが、そろそろ外国株にも興味が出てきたので日本株と外国株を調べました!それぞれ紹介していければな、と思います。グローバル社会の波に乗って外国の株も調べて見ましょう!もちろん日本の株もですよ!

日本の株と海外の株の違いは?

日本の現在の状況においては非常に日本政府がどんどんと市場を円安の方向に誘導していくように動いています。このため、輸出企業の多い日本企業においては追い風となっており、企業の業績が良好になるようになっています。逆に海外においては円安が誘導されているため、国内の輸出企業がどんどんと苦しんでいくのですが、日本においては輸出企業がメインであるため円安は企業業績が良好になっていくのですが、海外においては輸入企業がメインの国もあるため、輸出企業がメインの国にとっては円安は企業業績が良好になるため歓迎されています。このように双方に対してメリットがある状態は非常に良いのですが、アメリカなどは輸入大国ではありますが、日本が貿易黒字がどんどんと超過していくと貿易摩擦が生じてきます。現在のける日本の株と海外の株の違いは、日本の企業に関しては円安による影響から企業の業績がどんどんと良くなっているため非常に好決算が発表されています。アメリカの企業においてはとても大きな企業の業績が良くなっている点もあり、アメリカのニューヨークダウに関しても上昇しています。現在の日本株においては円安の影響と日本国内のインフレーションの影響によりどんどんと企業業績が伸びている点があげられます。逆にアメリカを代表する海外の株においては国内総生産が上昇しているため、企業としての決算が好調でどんどんと成長しています。このため、最近人たちは投資をはじめるのにはちょうど良いタイミングとなっています。さらには、現在の日本の企業だけでなく海外の企業に対しても非常に好業績にあるため、株式投資を始めるのには非常に良い相場環境になっており収益チャンスが広がっています。